オフィスレイアウトを変更して快適環境

毎日仕事をしているオフィスですが、レイアウト次第で安全で効率的な仕事ができるようになります。いつも同じように仕事をしていると慣れから違和感はなくなりますが、実際は作業的に効率的ではないところがあったり、通路なども狭く通りにくいことに気づいていないこともあります。

オフィスレイアウトはあまり見直す機会がありませんが、人事異動や組織変更のタイミングで見直しより安全に効率的に仕事ができるようにすることです。オフィスレイアウトを見直す場合は基本的なコンセプトとなるものが必要です。
明るく開放的なオフィスにするとかコミュニケーションの取りやすいオフィスなどです。その上でオフィスレイアウトを考えますが、人の通る動線やゾーンを考えることが大切です。



まずエントランス部分は来客が来ることから明るくきれいにしておく必要があり、商談スペースも必要です。



またオフィス内が見えないようにする場合は仕切りを付ける必要もあります。


動線ということからそれぞれの席にいくまでのメインとなる通路は二人が行き来出る程度の広さを確保しておくことです。

席の配置についてはそれぞれ囲碁との特徴もあり、コミュニケーションが必要な部署、集中して仕事を行う部署によって配置の仕方は変わってきます。


そして安全という面から地震や火災などの災害も想定をしておくことです。
キャビネットなどの転倒防止、貴重な書類や備品を守ることや非常出口の確保などが必要となります。

@niftyニュースは絶大な支持を受けています。