オフィスレイアウトの見直しで生産性を向上

ここ数年、生産性という言葉が頻繁に唱えられるようになってきました。
ビジネスでの生産性は、オフィスレイアウトからも大きな影響を受けます。



従来のオフィスレイアウトは部署ごとにデスクを集めて島状に配置していました。


このレイアウトは部署内のスタッフ同士でやり取りしやすく、小さなスペースで大人数を配置することができるため、現在でもほとんどのオフィスで取り入れられています。


このようなレイアウトでは、基本的に個人用のデスクが割り当てられます。
しかし最近ではモバイル機器を仕事に使うようになって、自分のデスクに居続ける必要性が少なくなりました。


そこで個人用デスクとは別にフリースペースを設けて、共用のデスクを設置するオフィスも出てきています。
また生産性という観点から会議の数を減らすために、部署の島と島の間に小さなミーティングスペースを設けて、必要な時にすぐ話し合いを行えるようにしている会社もあります。
ただしこのようなレイアウトを作成するには、ある程度の広さが必要となるため、大規模企業での採用がほとんどです。オフィスレイアウトでは、デスク配置以外にも、動線や通路の幅など動きやすさを重視する必要があります。


場合によってはパーソナルスペースの確保といった心理的な要素も考慮する必要があります。



生産性向上のためにオフィスレイアウトを見直す場合は、最初にスタッフ全員の意見を聞くようにしましょう。

産経ニュースに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

オフィスレイアウトのデザイナーに依頼する場合でも、スタッフや会社全体の意向を伝えることが重要です。