オフィスレイアウトと仕事の関係は?

オフィスレイアウトは、職場の雰囲気作りにも良いものですが、仕事の効率を大きく左右するものです。

職種や部署ごとに仕事の内容に応じたスタイルが重要です。
よく見かける島型と呼ばれるオフィスレイアウトは、通路と椅子のスペースが共有されるスペース効率のいいものです。
デスクもまとまった配置になりますので、コミュニケーションが必要な事務や営業向きです。

YOMIURI ONLINEに関しての関心度が高まっています。

最近多くなったフリーアドレス式は、席を固定せずに、空いている席を自由に使う、スペース効率の高いものです。
部署を越えたコミュニケーションも可能です。

外出で、ほとんど不在となる営業職などに向いています。



昔ながらのスクール式は、セミナーや講習会でよく見かけますが、学校のように一つの方向にデスクを並べたものです。
各個人が業務に集中できるスタイルで、コミュニケーションがあまり必要ない業務向きです。

銀行や電話オペレーターなどに多く見られます。

デスクをパーテーションで囲まれたブース型は、作業に集中が必要なプログラマーやクリエーターなどに向いています。


周囲の雑音から隔離され、集中して仕事ができます。


同じブース型でも、チームごとにブースを作る背面対向式のレイアウトがあります。お互いに視線を気にすることなくパーテーションに向かい仕事をし、必要があれば、後ろを振り向くだけで、チーム内のコミュニケーションが取れるスタイルです。



企画や開発などのチームワークが多い職種向きです。

オフィスレイアウトは、このように、職種に応じたスペースづくりをすることで、仕事を効率的に進めることができる重要なものです。